ANAのクーポン冊子について

ANAの株主優待は、航空券が50%割引になる株主優待券ばかりが注目を集めます。
しかし、優待内容はそれだけではなく、ANAグループ各社で利用できるクーポンの冊子が一緒に届けられます。
では、このクーポン冊子について、どのようなものなのか紹介していきます。

ANAのクーポン冊子の中身

クーポン冊子の中身は、ANAグループやANAと提携を結んでいる企業のクーポンとなっています。
その内訳は、宿泊優待20%割引×6枚や、レストラン優待10%割引5枚などがあります。
旅行に行けば、必要なモノは航空券だけではありませんよね。
ホテルに宿泊する必用がありますし、また旅行先で食事をする必要があります。
どちらも、割引率自体は、それほど高くはありませんが、使わないよりも使った方がお得であると言えます。
出張の場合でも、会議室が15%割引×3枚という具合に、役立つクーポンがあります。

またANAの航空券は国内線にのみ使用可能なので、国際線では利用出来ませんが、クーポンなら免税店で10%になる割引券×5枚を利用する事が可能となっています。
他にも、ANAハローツアー、ANAスカイホリデー、ANAワンダーアース商品などが7%割引×2枚のクーポンもあります。
旅行はあまり興味がない、そんな人でも、通信販売のクーポンなら利用したい商品があるかもしれませんね。
クーポンや割引を利用したとして株主優待券50%割引してもまだ高い?と感じる方もいるかもしれませんね。

その他旅行を楽しむ株主優待

旅行を楽しむ株主優待券というと、ANAやJALが真っ先に思い浮かぶかもしれません。
ですが、それ以外にも旅行を楽しむ株主優待は存在します。
例えば、箱根旅行を考えているのなら、小田急電鉄の株主優待がおすすめです。
小田急線全線の乗車証はもちろん、小田急電鉄は複数のホテルを運営しているため、宿泊割引券やロープウエイの割引券も優待内容に含まれます。

関西方面へ旅行に行くなら、阪急・阪神ホールディングスの株主優待がおすすめです。
阪急と阪神電車の乗車証に加えて、レジャー施設、ホテル、レストランなど、阪急・阪神グループ関連会社の割引券も優待内容に含まれます。上手に株主優待を活用すれば、かなりお得に旅行が楽しめる事は間違いなしです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2017 航空券を安く購入できるのは株主優待券だけ?早割と比較してみました All Rights Reserved.