早割はどっちがお得?

ANAやJALには、いろいろな割引サービスを行っていますが、割引率が高いのは、早割と株主優待券です。
では、どちらで購入した方がお得だと言えるのでしょうか?

株主優待券よりも早割の方がお得

優待券は50%割引になるため、お得感が大きく感じるかもしれません。
ですが、前もって予定が決まっているのであれば、早割の方がお得になるケースが多いのです。
例えば、早割は、予約する時期が早ければ早いほど割引率が高くなります。
最大で75日前から予約する事が可能で、JALの場合は、最大で普通運賃の83%offになります。
ANAでも75日割があり、やはり半額以下の価格で航空券を購入する事が可能です。
つまり、優待券の50%割引よりも、早割の方がお得に航空券を購入する事が出来ると覚えておきましょう。
早割などではお得なキャンペーンをやっていることもあります。

プレミアム・オールインクルーシブのパイオニア、株式会社クラブメッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:スチュワート ド ブルゴーニュ)は、宿泊日30日前までの予約で最大7,000円割引になるキャンペーンを実施しています。

引用元:クラブメッド初のキャンペーン【早割30】実施中!春休みのバカンスに最後のチャンス – SankeiBiz(サンケイビズ)

こんな時は、株主優待券の方がお得

ただ、2ヶ月前から旅行や出張の予定が決まっているという人ばかりではありませんよね、
急に休みが取れたから旅行に行きたいと思ったり、トラブルが発生し、急きょ出張に行かなければいけなくなった。
そんなケースもあるはずです。
そんな時は、直前に航空券を購入する事になり、早割を利用する事が出来ません。
ですが、優待券の場合は、空席さえあれば、当日に航空券を購入した場合でも、50%割引で購入する事が出来ます。

また早割の場合は、キャンセルや変更が出来なかったり、手数料が発生しますが、優待券ならキャンセルや変更も無料で行う事が可能です。そのため融通がつくという点では、優待券の方が早割よりも、使い勝手がいいと言えるでしょう。
なので、基本は早割の方が安く航空券が購入出来るけれど、ギリギリのタイミングで購入する場合や、予定が変わる可能性がある。
そんな時には優待券の方がお得に利用出来ると言えるでしょう。

どちらがお得と決めつけずに、状況に応じてどちらも使い分ける事が、最もお得な利用法だと言えるのではないでしょうか?

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2017 航空券を安く購入できるのは株主優待券だけ?早割と比較してみました All Rights Reserved.