繁忙期に航空券を購入するなら

- 繁忙期に航空券を購入するなら

繁忙期に航空券を購入するなら

航空券は、通年で同一料金ではありません。
GW、お盆、年末年始など、旅行者が増える繁忙期になると、航空券は高くなり、逆に旅行者が減る閑散期になると航空券は安くなります。では、繁忙期に安く航空券を購入する方法を紹介します。

繁忙期なら株主優待券がおすすめ

繁忙期だと、航空券の普通運賃の価格が上がってしまう上、航空券が高くても買いたいという人が多いため、空席を埋めるため値下げをする必要もありません。そのため、繁忙期は最も航空券が高くなる時期です。
もちろん、早割を利用すれば、安く購入する事は可能ですが、お盆や年末年始に帰省する事は前もって分かっている予定です。
そのため、かなり早い段階で早割を申込む人が集中し、申し込みが開始された直後に売り切れてしまうほど人気があります。

それだと早割の航空券を買いたくても買えないという人も少なくないでしょう。
しかし、株主優待券は早割とは別枠で座席数を確保しています。
なので、早割が売り切れてしまっても、優待券ならまだ購入できる可能性があります。
また優待券自体も、金券ショップやネットオークションで繁忙期前に購入しようとすれば、価格が高くなりがちです。
ですが、有効期限が1年間あるため、前もって安い時期に購入しておき、繁忙期に利用すればいいのです。
ただし必ずしも得とは限らないです。注意しておきましょう。

繁忙期の注意点

ただし、注意点としては、優待券なら別枠ですが、優待券を利用する人も、やはり繁忙期に利用したいという人が多いので、直前では満席で航空券が購入出来ない可能性があります。予定が決まった時点で、なるべく早く航空券を購入しておくといいでしょう。
もし、途中で予定が変更になっても、優待券ならキャンセルや日付変更等を無料で行う事が可能なので便利です。

閑散期であれば、早割やその他キャンペーンを利用する事で、優待券の50%割引よりも安く航空券を購入出来る手段はあります。
ですが、それらの手段は繁忙期には、利用する事が難しいので、繁忙期になるべく確実に安く航空券を購入したいと望むなら優待券を利用する事をおすすめします。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright © 2017 航空券を安く購入できるのは株主優待券だけ?早割と比較してみました All Rights Reserved.